InternetWalkers!【金融政策】物価安定目標実現へ、これからも「行動」続ける=黒田日銀総裁


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1416992539/より引用

1: 夜更かしフクロウ ★ 転載ダメ©2ch.net 2014/11/26(水) 18:02:19.36 ID:???

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J907R20141125

日銀の黒田東彦総裁は25日、名古屋市内で講演し、デフレマインドの転換への歩みを「ここで止めてはならない」と述べ、日銀は2%の物価安定目標の実現に向けて「これからも行動を続ける」と語った。

<デフレマインド転換、着実に進んでいる>
総裁は、昨年4月の量的・質的金融緩和(QQE)を導入して以降、需給ギャップが「労働面を中心に着実に改善」し、予想物価上昇率も「やや長い目でみれば上昇してきた」と述べ、「デフレマインドの転換は着実に進んでいる」と評価した。

そのうえで、10月31日に実施した追加金融緩和も踏まえ、需給ギャップは今後も改善が続くとともに、中長期的な予想物価上昇率も物価目標である「2%程度に向けて次第に収れんしていく」と指摘。2015年度を中心とする期間に「物価安定の目標である2%程度に達する可能性が高い」と語った。

<追加緩和、目標実現への決意を行動で示した>
総裁は追加緩和の意図について、足元の物価上昇率の鈍化などで2%達成が難しいとの見方が広がっていた中で、「2%の早期実現の決意にいささかの揺るぎもないことを改めて行動の形で示す必要があると考えた」と説明。企業経営者に対して、日銀が物価安定目標を「できるだけ早期に、そして安定的に実現すると強く約束している」ことを「最もわかっていただきたい」と強調し、2%の物価上昇を前提とした意思決定や経済活動に期待を表明した。

デフレマインドが転換する過程では「現預金を持って何もしない、ことのコストが高くなる」とし、設備投資や人材投資などに「積極的に収益を使っていくことが求められる」と指摘。こうした取り組みは、「円高の修正やデフレ脱却の果実を広く経済全体に均てんするプロセスになる」と述べ、「歩みをここで止めてはならない」と主張。日銀は物価安定目標の実現へ「これまでも行動してきたし、これからも行動を続ける」と強調した。

<円高修正で国内投資回帰の動き>
その後の質疑応答で総裁は、為替相場について「企業経営に大きな影響を与えると思っている」と指摘。過去の「過度な円高」のもとで企業は海外生産の移管を加速させたが、これまで円高修正の動きが続く中、「ようやく今年度には国内投資のウェートを上げる動きがみられるようになっている」との認識を示した。

そのうえで、足元で進行している円安の影響について、輸出の増加やグローバルに展開する企業の収益改善、株価の上昇、訪日外国人観光客の増加などのプラス面を指摘する一方、「輸入コストの上昇や、その価格転嫁を通じて中小企業や非製造業の収益、家計の実質所得に対する押し下げ圧力に作用する面がある」と指摘。「為替相場の動きを含めた金融・資本市場の動向について、実体経済に及ぼす影響を含めて、引き続き注意深くみていきたい」と語った。

また、政府の成長戦略の推進に期待感を表明。
「金融政策も成長力の引き上げに一定の役割を果たせる」とし、人々が2%の物価上昇を前提に行動する経済・社会をつくることによって「企業経営者がリスクをとって前向きの行動をとることを促し、ひいては成長力の強化につながる」と語った。財政健全化に向けた取り組みについても、「持続可能な財政構造を確立する取り組みが着実に進められていくことは、日本経済が持続的に成長するうえでも非常に重要だ」と強調した。

中国経済については、短期と中長期で分けて考える必要があると指摘。
中長期的には労働力人口の減少や、所得上昇など経済の成熟化とともに成長率が低下していくものの、「今年、来年については、7%台前半の成長は十分に達成できるのではないか」と分析した。中国人民銀行(中央銀行)は21日に利下げを発表したが、総裁は不動産市況の下落や物価上昇率の鈍化などを踏まえた「経済状況に合わせた対応」との見方を示し、「特に物価上昇率がここまで下がっている中で金融緩和することは、当然だと思う」と語った。(伊藤純夫 編集:宮崎亜巳)

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1416992539/より引用

5: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:08:52.18 ID:VgFD9aVa
>>1
正直、もう普通のやり方では無理だろう?
このさい政府紙幣を発行して、定額給付金を配れよ。
月1万配ってもせいぜい12兆円だろう?
株価対策で配った金額からすれば微々たる物だろう?

 

8: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:15:28.58 ID:/n7CYpXU
デフレとは物価云々ばかりではなく
供給に対して需要が不足する事からくるものですから。

 

9: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:15:45.07 ID:KXc5Ddxe
2%の根拠はなんなのか説明しろよ

 

11: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:18:57.76 ID:Et6bpsYt

日本には毎年2%インフレにする政策は合っていない。
それは安定と言わず毎年上昇だ。

一回2%上がって後は安定ならまだ理解できるが、毎年上がるって言うのに安定とは言わない。
坂道を安定な道とはいわない。坂道は傾いた道だ。

 

16: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:34:13.41 ID:lXCwgXzf

>>11
黒田日銀総裁の物価目標政策ならば、
市中の日本国債を大量に買って日銀の会計に入れられる。

日銀も政府機関であるので、
日銀の保有している日本国債の利息については、
日本政府は支払わなくていい。

日銀も政府機関であるので、
日銀の保有している日本国債の満期が来ても、
日本政府は償還して支払わなてくていい。

日銀が保有している日本国債分については、
実質には、日本政府の財政赤字すなわち日本政府の借金が
減少したことになる。

 

29: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:58:19.60 ID:CgxgXcBE
>>11
世界中で日本だけ産業構造も人口構成も貯蓄率も資産格差もとてつもなく異常だから
世界で普通な2%のインフレが異常になるのか・・・
まぁ若者を無視して後先も考えずに赤字運用で年金もらってるような側はデフレは理想だろうが

 

34: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 19:07:43.67 ID:jbQ4VksW

>>29
他にも企業の行動原理が利潤よりシェア・売上優先で、
競争優位があっても価格を上げたがらないとかもある

バブルのときでさえインフレ率は1.8%とかだったし、
正直、今の経済環境で2%で安定なんて想像がつかんわ
5%くらいの悪性インフレ昂進ならわかる

 

37: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 19:15:41.73 ID:jbQ4VksW
>>29
そもそも日本が異常でないなら世界で類を見ない異次元政策なんて必要ないわけで、
異常であることは政府日銀ともににんしきしてるだろ
ただ認識がズレてるし政策自体に矛盾があるから結果がこうなってるだけで

 

39: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 19:18:08.81 ID:N54HqDbM
>>37
バブル崩壊後に金融緩和が後手になり
その後も緩和したかと思えば引き締めたり
引き締めたふりして十年以上デフレを放置してきたという意味で異常だわな

 

18: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:36:00.98 ID:+1U7cAsv
物価安定の部分は安倍の成長戦略次第だから気楽だよな
株が下がったらバズーカをぶち込む簡単なお仕事

 

23: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:51:36.64 ID:Stg3E9am
物価は上がり過ぎているから
きちんと下げて2%にするということで
合ってるんだろうな?

 

27: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:54:52.94 ID:+Iajzn5D
>>23
物が売れなさすぎて今は逆に下がってんよ
物価はもっと上げないといけない

 

28: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 18:57:23.98 ID:Stg3E9am
消費税以外に滅茶苦茶上乗せされているからずい分値上がりしているという印象しかない
アベノミクスで公正取引委員会は給料泥棒になったのかな?

 

36: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 19:14:20.37 ID:OYJGaNaC
これからも続ける=終了宣言

 

42: 名刺は切らしておりまして 2014/11/26(水) 19:44:46.40 ID:6JcrnQNp
むしろ物価不安定にしてるとしか思えないのだけど、今の日銀というか安倍黒田。


新着記事 件
No items.

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>